お問い合わせはこちら

練習タイムスケジュール 年間行事予定 所属団体 岐阜本部道場Facebook

テコンドーの魅力とは?

華麗な足技を身に付けられる

テコンドーと言えば、『足のボクシング』と言われるように、多彩な足技が魅力の格闘技です。
飛び上がっての蹴りや、回転しながらの連続蹴りは、見るものを魅了します。
テコンドーを始められる方の大半がその足技に惹かれて始めているようです。

ストレッチを含む全身運動なので、バランスの良い体作りに

テコンドーの練習はストレッチをふんだんに取り入れながら、様々な動きを行います。
特に蹴りは片足で立つ必要があるので、体の中心部を鍛えるコアトレーニングとしても最適です。
蹴りだけではなく突きや受けの動きもありますので、腕を含む全身の筋肉を使います。

子供の精神性の向上と体力強化に

テコンドーは武道ですので、礼はもちろんですが、子供には道着を正しく着ること、靴を揃えることなど行いを整えることで心が整う環境です。
またテコンドーは動きが多彩ですので、発達途上の幼少期には適した刺激を体に与えることが出来ます。
呼吸法もテコンドーの大切な基本動作ですが、この呼吸法が喘息持ちのお子様にはとても効果的です。

テコンドーとは

テコンドーとは朝鮮半島に古くから伝わる武道に、日本の空手が融合する形で生まれた武道です。
1955年に国際団体として国際テコンドー連盟が発足。以来、現在までに世界00ヵ国に普及し、世界選手権などの国際大会も世界各国で開催される国際武道です。

武道としてのコンセプトは、『人間の持ちうる力を最大限に引き出す』ことを目的とした武道で、より大きな力を生み出すための呼吸法や体作り、跳躍や回転を利用したダイナミックな動きが特徴です。

競技としては主に以下の4つの種目があります。

トゥル(型)

決められた動作の中で、技の正確さ、バランス、力強さなどを競う競技です。トーナメントによる対戦競技で、評価の高い方が勝者となります。

マッソギ(組手)

ライトコンタクトによるポイントルールで争われる競技です。
帯から下への攻撃は禁止となっていますので、より足技が出しやすいルールとなっています。
手技による打撃は1ポイント、足技による胴部への打撃は2ポイント、頭部への打撃は3ポイントで時間内での累積ポイントが勝敗を決めます。(オフィシャルルールは2分2ラウンド)

パワーブレイキング

技の破壊力・正確性を競う競技です。
板を何枚割ったかで勝敗が決まります。

スペシャルテクニック

蹴りによる打点の高さを競う競技です。
テコンドーならではといった花のある競技です。